• 秋山妙子

毎月のイラスト

2021年の2月から、毎月イラストを描くことにしました。


それは、毎月のバースデー割引のご案内の作業があまり好きではなかったから。


ついおととい、私が「作業」が嫌いなのだ、ということがわかって、またすっきりしたのですが、保険の営業さんの話を聞いて手書きの葉書を封書に入れたり、電話をしてみたり、一人ひとりにメールの文章を変えてみたり、添付の写真を変えてみたり、一斉配信にしてみたり、誕生日当日の朝に個別に送信するようにしたり、3日前にしたり。


結局、


バースデー割引のお知らせ配信を「時短」しつつ「楽しく」作業でき、」オリジナリティ」が高く「反応」が良い


という作業は、


自分でイラストを描き、そこに一斉配信用の文章を月ごとに考えて月初めに配信する。

イラストが描けたら他のSNSでも告知する


に落ち着いています。


2月 これは宣伝みたいですね。豆まきのイメージ


3月 春分の日のイメージを描きました。トイレにおいてある「草暦」をいう暦を見ていたら、3月に春分があることに気づきました。ちょっと色も載せてみました。この月から、草暦からイラストを起こし、仕上がった状態の写真をSNSに上げるようになりました。


4月 この月は水彩色鉛筆で塗りました。鴨(だったかな)やツバメが飛び、虹がでています。そのうち印刷したいなと思い、余計な文字を入れないようになりました。


5月 新緑と風、虫、麦、蛙。この後色を塗ったのですが、色塗りに手間がかかりすぎるなと感じはじめました。


6月 雨。蛍を入れました。この猫たちは子供で、全員雨の装具を無視して遊んでいます。長靴を越える深さの水溜りに入り、ビニールに水を入れ、傘はうまくさせず、荷物もm濡れています。雨の日の子供たちはぬれることをまったく気にせず歩いているので好きなのです。


7月 草暦にモチーフになりそうなものがあったので、蓮の花から描き始めました。蓮、鷹、海、虫送りの火。いつも下描き無く、一気に水性ボールペンで囲み文字から描き始めます。私は計画通りにものを作ることが苦手なので、大きなものは描けません。今までのイラストの中でこれが一番考えずに描け、そしてSNSでの反応も良いような気がします。


そんな感じにやっています。


1年に一度、バースデー割引だけに来るお客様もいます。

なんだか申し訳ないです、とおっしゃいますが、そのための割引でもあるので、遠慮なく来て頂けたらと思います。


ではでは、また。

サロンでお会いしましょうー!


5回の閲覧0件のコメント