スウェディッシュマッサージとは?
1.概論

「スウェディッシュマッサージ」は、西洋では最も一般的でよく知られているオイルマッサージです。アロマセラピーやスポーツマッサージの基礎となるマッサージで、「スウェーデン式マッサージ」と呼ばれることもあります。

施術者は正しい姿勢で術者の体重をクライアントに移動させながら、太い筋肉や硬い筋肉では深く強い圧を、繊細な部分には柔らかい圧を組み合わせるため、「世界一気持ち良いマッサージ」と言われています。

2.技術

施術者は、手のひら、手首、拳、指、指関節、肘下、肘など、クライアントの体の各場所や状態によって様々な部位を使い、「手のひらを身体に密着させて撫でる」「圧を加えて筋肉を捏ねる」「伸ばす」「軽く叩く」「揺らす」などの手技でクライアントを開放に導きます。

筋骨格

・筋肉タイトな筋肉を緩め、結合組織を伸ばす
・痙攣および筋痙攣の緩和および筋肉疲労の軽減
・関節を緩め、動作範囲を改善する
・靭帯や腱をしなやかに保つのに役立つ

循環

・血液中の酸素の流れを増加させることによる循環の改善
・血流を増加させることで、肌をなめらかにするのに役立つ
・リンパの排液を増加させて代謝老廃物のリンパ排液改善
・顔色を明るくする。

その他

・神経系を落ち着かせる
・怪我や病気による治癒のスピードアップ
・精神的なリラクゼーション
・長さと睡眠の質の改善
・ストレス、うつ、不安、刺激の軽減
・集中力の向上
・幸福感の向上

①スウェディッシュマッサージの原型ースウェーデン

1830年代のPer Henrik Ling(1776-1839)というスウェーデン生理学者・フェンシングのインストラクターによって体操、ストレッチ、マッサージを含む運動療法を「医療体操」として考案・開発されました。

 

それは日本でいうところのラジオ体操のようなもので、身体を伸ばしたり、体操することによってある症状が改善されるということをまとめたもので、現在のスウェディッシュマッサージとは全く異なります。


ちなみに、スウェーデンには「スウェーデン式マッサージ」のメニューはあまり見かけないようです。

②スウェディッシュマッサージの体系化ーオランダからヨーロッパへ

それとはまた別に、オランダのヨハン・ゲオルグ・メッツガー(Johann Georg Mezger、1838-1909)は、医学研究中、捻挫が摩擦法で緩和することなどから、医学的知識を応用し、今日もなお使用されている患者を治療するための5つの治療技術(スウェディッシュマッサージの基本技術)のシステムを開発し、70年代のヨーロッパに広めたそうです。

 

店主は、ヨハン・ゲオルグ・メッツガーがスウェディッシュマッサージの開発者と言って良いと考えています。

③アメリカへ渡る

一方アメリカでは1850年代にチャールズ博士とジョージ・テイラー博士の2人の兄弟がスウェーデンから米国に持ち込んだという記事があります。

(スウェディッシュマッサージの歴史には諸説あります)

5.禁忌事項

スウェディッシュマッサージは医療行為ではありません。
以下の症状を持つお客様に関してのお客様については、

かかりつけの医師に相談の上、自己責任でお越しください。

術後の体調不良の責任は負いかねます。

・悪心、嘔吐または下痢、熱、伝染病
・骨折、骨折、転位、または重度の捻挫

・ヘルニア、靭帯、腱、または筋肉の裂傷、激痛、
・治癒していない傷、創傷、最近の手術、
・浮腫、腫れ、静脈瘤、静脈炎または血栓症の既往歴
・黄疸、凍傷
・腎臓病、高血圧や心臓の問題、癌、
・妊娠中

スウェーデン式マッサージ療法の1セッションの効果
「1回のマッサージで免疫力を高めることができる」

★カリフォルニア大学ロサンゼルス校のCedars-Sinai Medical Center、David Geffen SchoolのMark Rapaport博士が率いる研究者たちは、スウェーデン式マッサージ療法の1セッションが身体のホルモン反応と免疫機能に及ぼす影響を調べ、45分のマッサージを受けた人々は身体を病気から守るのに大きな役割を果たす白血球であるリンパ球の数を増やしたと発表した。

45分間のスウェーデン式マッサージを受けた29人の健康な成人と、45分間のライトタッチマッサージを受けた24人の健康な成人を研究、マッサージは認可されたセラピストによって実施、特定の同一技術を使用し、スウェーデンと軽いタッチの両方を提供する方法についてトレーニングを受けた。

研究セッション中に血液サンプルを採取するため、参加者に静脈内カテーテルを装着、マッサージ開始前の30分間は静かに休息を取り、血液サンプルはマッサージが始まる5分前、1分前、および45分のマッサージ後の1、5、10、15、30、60分後に採取、特定のホルモンおよび循環するリンパ球(白血球)の血中濃度を測定した。

スウェーデンのマッサージの参加者は、攻撃的な行動に寄与するホルモンであるアルギニンバソプレシンが大幅に減少し、ストレスホルモンのコルチゾールがわずかに減少。 リンパ球、免疫系が有害物質から体を守るのを助ける細胞も増加した。

J Altern Complement Med. 2010 Oct; 16(10): 1079–1088.
doi: 10.1089/acm.2009.0634
PMCID: PMC3107905
NIHMSID: NIHMS273207
PMID: 20809811


A Preliminary Study of the Effects of a Single Session of Swedish Massage on Hypothalamic–Pituitary–Adrenal and Immune Function in Normal Individuals
Mark Hyman Rapaport, MD,corresponding author1,2 Pamela Schettler, PhD,1 and Catherine Bresee, MS1
Author information Copyright and License information Disclaimer

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3107905/