ハッピーエンドとは ー運び屋ー

April 27, 2019

「高校生の頃からビクトル・エリセが一番好き」

 

という映画好きのお客様がいらしたので、

 

先日「運び屋」を観た話をしました。

 

実在した90歳の麻薬運び屋から着想を得た映画。

 

「観たいけど、イーストウッドが好きだから、躊躇してるのよ。

あまりによぼよぼの彼を見たくないなと思って」

 

それは大丈夫!!(だと思う)


彼はとっても身勝手で、

 

もりもりグラマーな女の子と美味しいものが好きで、

 

差別用語を使ったり、悪い言葉を連呼したりする、

 

鼻持ちならない魅力的な爺に仕上がっています。

 

一緒に観た友達が


「ハッピーエンドだったね」


と言った。

 

私は全然ハッピーに感じなかった。

 

私の中でハッピーエンドと言えば、

 

いらいらするくらい徹底的なハッピーの終わりっぷりに限られていたから。

 

 

「登場人物と、そのまわりの人達がハッピーな状態に終わるなら

 

ハッピーエンドだと思っているよ」


と友達が言ったので、その定義は良いなと思った。

 

そう思うと、超ハッピーエンドだったのかも。

 

 

 

 

どこかから、ずっとしていたよね、

 

という嫌な予感を静かに下地に引きつつ、

 

のどかな南部の懐メロが車の中から乾いた大陸に陽気に響き、

 

私の神経にはかなり応えました。

 

出てくる人出てくる人、全ての俳優の顔立ちがとてもバランス良く、

 

綺麗にまとまった頭部はうんとアップになっても、

 

だらしなく口を空けていても、美しかった。

 

演技や個性のバランスもコントラストがあって

 

思い返すほどに良い映画でした。

 

後で友達と、

 

「結局彼はいくらもらったんだろう?」

 

と話しました。あの札束。。。。。


 

 

 

車、退役軍人ハウス、学費、ガーデン、金のブレスレッド、コールガール 笑

 

日本円にして、8000万くらいかな。。。

 

コカインの末端価格を調べてみたら、NYで1.4トン85億7400万円。

(摘発ニュース)

 

多分彼、1トン近く運んでるから、末端価格で60億。

 

もし彼が運び代で1億もらってたとしても末端価格の1.6パーセント。

 

コカイン農家の特集も調べたら、出荷時から1500倍の値段で売られるそうです。

 

コカイン運びに興味があったら、「ベイビードライバー」を観ると良いんですって。

 

アルパチーノ主演と聞いて、暴力の予感しかしません。泣

(暴力シーン苦手)

 

観た方は感想教えてくださいー!

 

いよいよ連休に突入。

 

サロンでお会いしましょうーー!!

 

Please reload

Featured Posts

におい・フェロモン研究の基礎から応用へ

February 21, 2018

1/2
Please reload

Recent Posts

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Search By Tags