夏のサラダ、どうぞ。

July 19, 2018

 

(前書き)

何ヶ月か前、真っ二つに割れてしまった高級土鍋を捨てるため、部屋に新聞紙を敷いて、金槌でボクボクと割りながら、植木鉢よりも土塀に近いその質感に

「そうか、土鍋は土なんだなあ・・・」

と感慨に浸っていましたが、土鍋で炊く玄米の美味しさからは逃げられず。

 

百貨店で土鍋を買ったのです。タジン兼用とか牛肉も焼けるとか、うるさいこと言わない、普通のものです。

 

そこで雑穀を入れて玄米を炊いてみたら、全然美味しく炊けない。

 

前の土鍋は、すっごくモチモチに炊き上がって、玄米ってこんなに美味しいんだ、って感動してたんだけど・・・・。

 

毎回、実験を繰り返していますが、水を増やしてもパラパラした仕上がりになってしまう。

 

この玄米どうしよう・・・・で、最近編み出したのがサラダです。

 

★本題

 

玄米はパラパラが扱いやすいので冷蔵庫から出したままで。

 

混ぜる野菜は、きゅうり・セロリ・ピーマン、私は蕪や大根を入れるのも好きです。

 

香りをうんと楽しくしたいなら、パセリ、クレソン、ぱくちー。

 

歯ざわりに変化をつけるならレタス。トマトは小さいほうが形が崩れにくい。全て賽の目に刻みませう。

 

たんぱく質はその都度、色々。


鮭のクミン焼き、鳥モモを塩強めのオーブン焼き、ひき肉ナンプラー炒め、など、など。牛肉も良いな。油が多いと白く固まってしまうので注意。

 

卵を入れるなら、沸騰したお湯に冷蔵庫から出したものをゆっくり入れて8分で黄身ねっとり。(湯量と個数により分数変わります)これも賽の目に刻む。

 

もっと盛っていきたいなら、塩漬けオリーブ、チーズ、ひよこ豆、ピクルス、など。私は自家製の塩らっきょを細かく刻んだのを入れてます。

 

これにオリーブオイル、酢、(サラダには麦酢を使うほうが好きだけど、玄米だから玄米酢)

 

好みでマスタード、胡椒。

 

歯ざわりをもっと楽しくするなら、食べる直前にナッツを刻んでまぜませう。沢庵を刻んで入れても味に深みが出ます。

 

これを、わっし・わっし、と大きくかき混ぜて冷蔵庫に入れておいて、食べたいときにスプーンで食べる。

 

よく噛まないと食べられないから、良いと思います。


冷えてるから、そのままお弁当にできるし、会社の冷蔵庫に入るし。

匂いも立たないし(サロン向けでしょ)、見た目もカラフルよ。

 

写真はイメージ、ネットからお借りしました。

 

今さっき食べたところ。美味しいなー。

 

夏ばて、しないように、今日も良い日に。

 

 

 



 

Please reload

Featured Posts

におい・フェロモン研究の基礎から応用へ

February 21, 2018

1/2
Please reload

Recent Posts

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Search By Tags