減法混色

June 2, 2018

お客様をお迎えする前に、毎日ホウキで床の掃き掃除をしております。

 

ちりとりを使うときに毎回思ってたんですけど、

 

そして6歳の時から(つまり1年生から)疑問だったんですけど、

 

綿ぼこりって、どうしていつも暗い灰色なのかしら。

 

うちのサロンに暗い灰色のものはひとつもないし(明るい灰色ならある)、小学校にも無かった。

 

床を真っ白な雑巾で拭くと綿ぼこりと同じ色の汚れがつくから、(学校もサロンも)その色かしら。

 

灰色が影響するもの。

 

アスファルトやセメントの色かしら。

 

それとも、赤と緑を混ぜると灰色になるように、全ての色が細かく打ち消し合って灰色に「見える」のかしら。

 

調べてみたら、後者でした。

 

いろんな色を足していって灰色になっていくことを「減法混色」って言うんですって。

ほんと??顕微鏡で見てみないと納得出来ないなあ。。。(人生遠回りするタイプ)

 

どなたかお子さんに顕微鏡をプレゼントした方は、綿ぼこりを観察してご連絡ください。

 

あっ、繊維くずからの圧縮フェルトって、あの色よね、確かに。

 

(納得)

 

写真はクリスタル・ダストですって。

 

おやすみなさい。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

におい・フェロモン研究の基礎から応用へ

February 21, 2018

1/2
Please reload

Recent Posts

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Search By Tags