• 秋山妙子

「気に、しないでください → 私の電話、使います?」


ピーターバラカンのイベント帰り、大荷物持って電車に乗り込み、

あ!あの場所なら空いてる!と、中のつり革まで蟹歩きして、

立ち位置決めて、

足の間に荷物置いて、

ほっと一息。

そしたら、左右の男性から醸し(かもし)出されるれるオーラが、なんだかおかしい。 なんだろ?さっきまでここに立ってた人が、厄介な人だったのかな。

しばらく黙って乗ってたら、右の男子が私を超えて、左の男性に

「小淵沢?」

と言った。

驚いて、

「ごめんなさい、わたし間に入っちゃったんですね、どおりでムードが変だと思った!!」

と右男子に謝ったら、

「大丈夫です。気に、しないでください」

と、やさしく、言われた。

それで三人の気持ちは草原の動物のようにおのおの、落ち着いて、

私は鼻梁あたりに平和な水平線が開けたのだった。(私が厄介)

「気に、しないでください」

プラスするひとことの、この効果。素晴らし。

わたしも見習おう。

という訳で、今日混み合っていた眼科で

「あとどのくらい待ちますか?30分?。。。明日海外に戻るから電話機能の無いスマホしか持ってなくて、この後予約してある美容院に電話をかけられないんです。一度外出してもいいですか?」

という患者さんにニベもなく

「外出したら順番待ちは無効になります」

と言う受付のやり取りを聞いていた私は、

「私の電話、使います?」

と言えたのだった。

そんな気持ちの良い一日であったので、これを読んでしまった人はなにかしら、知らない人に話しかけましょう。(良い連鎖)

ハードル高いかな。

また、明日。


0回の閲覧