• 秋山妙子

現場大好き 施術ベッドの張替え


2011年に買ったマッサージベッドの張替をお願いして、その現場を見て来ました。

この業界なら知らない人はいないと思われる、「ふんわり店名にマッチョな社長」というゴリゴリな組み合わせ、「ラベンダーヒル」の増子さんです!

「秋山さん、自分でヘッドレストカバー作っちゃうくらいだから、張り替えるとこ見たいでしょ」

「見たい!わたし、手伝います!」

「いやー素人にノタノタやられたって、俺がやった方が早いから手伝いにならねえよ」

(何にも言えない)

でも。

手伝いたいオーラをメラメラ出しながら増子さんの周りをうろついた結果、六角のネジを取る、古い皮を留めてたタッカーを取る、残った針を木の中に埋める、ヤスリをかける、最後六角ネジを締める、を手伝いました。(満足)

何より驚いたのが、このベッドの、重さ。

これを2015年の2月、横浜から青山一丁目まで電車で運んだというのが私の力自慢(女子だけに受ける)であり、伝説だったのですが、

今回、持ち上げて、2.3歩進んでみて、思った。

私、バカじゃないの。。。。?

今後、ベッドは運べませんと行っておきましょう。

もって行ったお土産はこれ!

ベッドの表面はこんな感じ・・・

古くなった合皮を真ん中から切っちゃう。まるで外科手術。

合皮を止めているタッカーを丁寧にとっていきます。

「あっ、これ針の長いやつだよ、取りにくいなあ」

切れちゃったタッカーを丁寧に埋めていきます。この後やすりをかけてツルツルに。

この作業が面倒で、古い合皮を剥がさないまま、新しい皮を貼ちゃう業者さんもいるとか。

劣化したシートを剥がしてサンダーをかけてくれているところ。

「秋山さんじーっと見てるからね」

新しい皮をタッカーでとめていきます。強く引っ張りながら、二人がかり。

曲がってないし、隙間も無いし、私にはできない仕事だわ。。。

数ミリ残して切り落とします。

取っ手をつける場所に裏から金具をつけているところ。

できましたーーーー!!!

草木染のアンティークペルシャ絨毯も一緒に 笑

張り替えたベッド、ピカピカになりました!

増子さん、照井さん、ありがとうございました!

お土産に持参したお酒、飲んでくださいねー!!

ではでは、おやすみなさい。