• 秋山妙子

市井観音


先日、お会いした方。30代前半の女性。

綺麗に力の抜けた声で、ゆっくり話す。

質問されたことには答えるけど、自分からは何にもアピールしてこない。

でも柔らかく人懐こくて、お隣の見知らぬ人に、話し掛けたりも、する。

非常に自然で、豊かな様子で、体のどこも疲れていないというし、中肉中背、お肌も自然に綺麗。

なんというか、良家の、高校生のお嬢様みたいな、嫌な目にあったことのない、という感じの佇まいだな。。。。

と思ってお話していた。

が!!!

聞くとお子さんが4人いて、旦那様の両親と同居、さらに私が今まで聞いてきた中でもかなりストレス強度の強い職種でフルに働いているという。。。。

上3人男の子、末っ子が女の子。まだ赤ちゃん。

子どもを3人預けて働いているそうです。

彼女から、一度も「大変」って言葉が出なかった。

笑顔をふりまくわけでもなく、自然。

自然に、満ちてる。彼女の中が、彼女の形で。

なんだか観音様を見ているような気持ちになってきました。

どんな毎日を送っているの。猿3匹(男の子は猿だという独断)にもそんなにゆったり接しているの。

「妹と、二人姉妹だったんですけど、母が丁寧に育ててくれて。私は全然それができなくて」

と言っていた。

( ↑ そりゃ2人の女の子の話でしょ。4人って倍だし!しかも3匹が猿じゃ!!と、言いたかった)

ちょっと感動してしまった。

もう会うことは無いと思うけど、こんな人がいるんだな。

私にとって、ニュータイプでした.

美しいものを、ナマで見てしまった。

なむー。(って言いたくなるんだってば 笑)

明日も良い日に。

(写真はネットからお借り)

さて。新しいタイプの人に会うたびに、その人について深く考えてしまう店主です。

ここでお気づきの人もいると思うのですが、始めてお会いする人は新しいに決まってます。

ということで、新しいお客様に会う度に頭の中が震え、脳みそが忙しくなってしまいます。

やさしすぎて膨らみ気味の体、

「こうであるべき」が強い体、

気持ちいいことが大好きで無邪気な体、

大切に扱われて気品のある体、

「できるよな→もちろん!」という強い体、

「できるよな→できる(無理)」というスパルタな体、

忍耐の先に広がる体、

美意識に磨きこまれた作品のような体。

いくらでも書けますけど、もともとの資質に、環境、思考、感情。

色々なものを使って、一番乗りやすくて、相思相愛な体に。

サロンで、お会いしましょう!

では、また、明日。