• 秋山妙子

「先生ですか?」


こう見えて跳び箱一段も飛べず、走り幅幅跳び記録は1メートル20センチという運動センスの上に、なるべく座るか寝るかしていたいタイプ故、自分から好んで運動することは、ほとんどありません。

(家ではずっと座っている)

しかし落ちていく一方の体力を見兼ね、なんとか人生に運動を組み込むべく、6月から水泳を始めました。(えらい)

目標はクロールで200メートル連続して泳げること。

これは「200メートル泳げたら、その先はかなりいけますよ」ってある人に言われたから。

で、先生を見つけました。

それがですね、誰に話しても「そんな人、どこでみつけるんですか。。。。」と絶句されてしまう超個性的な先生で、(先生の話は別立て)

そして、なるべく週に一度は先生に言われたメニューを練習するようにしております。

今日もサロンが終わった後、泳いでいたら、隣で不思議な女の子が一人、ビート板を使ってボチャボチャ・ボチャボチャと何かやっていた。

パレオがついたような不思議な水着。ビート板は水面から垂直に立っているけど、体は沈んでるし、進んでいないし、すぐ立ち上がっている。

どうしてビート板を立てるのかなーと思ってたら、彼女が英語で話しかけて来た。

バタ足の練習してるんだけど、進まないし沈んでしまう。どうしてだろう?教えてもらえないでしょうか?

・・・・・そうですね、足が沈むのは基本姿勢が違うんです。横隔膜を引き上げて、お尻はしめて、バレエと似た姿勢をとってね。それから頭が上がりすぎ。最初は前を見ないで、視線を水底にしたほうが頭がまっすぐになるかも。腕は限界まで上に伸ばして、耳のうしろに。肩が少し硬いかも。これでとりあえず、体はフラットになるでしょう、水の中では水の中の姿勢がある。けのびしてから、どうぞ。

・・・・とは、言えない。

係員のところに言って、「英語できる方いませんか?」って聞いてみたけど、いなかった。

うむ。(腹をくくった音)

知る限りの中2レベルの単語に置き換えて並べ、あとはジェスチャー、動詞は全て徹底した現在形。文法及び冠詞、・定冠詞は完璧に除外という、日本人独自の初心者英語で説明しました。

上記の説明から始まって、ビート板の持ち方、バタ足、息継ぎまで。 (ちなみに私もバタ足まだできてません)

そしたら彼女、とっても上手く進むようになった。

東京大学に留学中の中国の学生さんでした。 (めっちゃ頭ええやん・・・)

中国で水泳といえば、平泳ぎが普通だそうです。

最後にロッカールームで、ちょっと話したとき、

「あなたは水泳の先生ですか?教え方が上手い」

と言われて、ビックリしました。笑

通じるものね。。。。

名刺を渡しました。来てくれたら嬉しいなー

(HPに英語のページ作らないと!)

でも今思うとあのプールで泳いでる人の中に、絶対英語のできる人、いたな。。。。。

まあいいや。笑

ナイスな体験でした。

(広告)

中二英語の語彙をもってして「教え方が上手い」と言われる指導の実力を持つ店主からオイルマッサージのハウツーを教わってみたい!という方は遠慮なくお問い合わせください!

今日も良い日に。


7回の閲覧