• 秋山妙子

母の日、どうしますか?


なんいう寒さでしょう。 私は昨日何を思ったのか完全に服の選択を誤り、恐らく東京23区で一番薄着ではないかという服装でワシワシ出歩いていましたが、全く元気でした。 10度程度の寒さには全く負ける気がしません。

そんな薄着の昨日、母より年上の女性と美術館に行き、それがとっても楽しかったのですが、

(ちなみに彼女はダウンコート着用だったため、東京で一番薄着と一番厚着がくっついて歩いていたと思われます)

この方を大切にするようには、母にやさしく接していないなと思った。

母の日。どうしよう。

いっぱつ手紙を書きましょうか。

それとも泊まりに行きましょうか。

(以下、自慢)

私は手紙を書くのが得意なので、 母はけっこうな割合で私から受け取った手紙を人に見せちゃうのですが、

あるとき、母からこんな電話が来たことがあります。

「妙子から貰った手紙、ヘルパーでお邪魔している方に見せたら、 「この手紙、私も欲しいからコピーさせて」って言うから、その人に貸しちゃったんけど、いい?」

面白い人もいるなあ、と感心して、 その手紙の著作権はお母さんにあるのでお好きにどうぞ、 と返事した記憶があります。

という訳で、手紙にしようかな。

それとも泊まりにいこうかな。

(広告) さてさて、施術中はその方に手紙を書くネタを探すようにお体を探っていく店主があなたを施術するサロン、スウェディッシュマッサージiki(いき)、明日からの空き情報です。

皆様、母の日どうしますか? ikiではギフトチケットがあるんです。 エステと違って敷居高くないし、きっと楽しい時間になると思います。 (なぜなら私が施術するから!!)

70分チケットが9700円です。ラッピングもOK。 出張も行きますー。(出張代が別途かかります) そのあたりのお問い合わせもお気軽にどうぞ

ではでは、おやすみなさい。 (写真はdenny bitte)