• 秋山妙子

綿毛


夜に帰宅して暖房をつけたらば、顔の前を時々綿毛が横切る。

どこから入ってきたのだろうと思ったら、乾燥中のガーベラの花弁から、綿毛が開いていた。

誕生日にもらった花が綺麗で捨てるのが忍びなかったので、品種ごとに花弁をわけてなんとなく乾燥させていたのです。

紫、ピンク、赤。本来の色素が抜けて、茶色に向かっていく過程も面白い。

ガーベラは綿毛で種を風に乗せていく花だったのね、そういえば花や茎の様子もたんぽぽに似てるわ。

ちゃんと受粉できてるのかしら。

うまく鉢に落ちたら、発芽できるのかしら。

そんなこんなで連休も終わり。

皆さんよく休めましたか?

今日からまた、自分のできることで、世界と繋がっていきましょう。

首、肩、背中。

温かくなってきて体がゆるみ始めているときこそ、スウェディッシュとの相性は抜群です。

一気に身体を軽くしませう!!

今日からも、良い日に。


9回の閲覧