• 秋山妙子

「皮膚のかばん、毛のふく」


夕方、サロンを抜けて友達に会いに行ったら、友達の子供(5歳女子)が退屈していた。

友達が取り込み中だったので、持っていった「かちく」(絵本)を一緒に読みました。

「牛から牛乳とお肉の他に、皮も取るって。ほらこれ」

私は床に置いた鞄を持ち上げて

「牛の皮」

と言った。彼女は鞄の表面を撫でた。

「羊からは毛が取れるって。これは羊の毛」

コートの下のセーターを引っ張りだしたら、彼女はうなづいた。

「ってことは、私の髪の毛からもセーターできるかしら?」

と聞いたら、彼女は首を傾けた。

これは?と彼女が指差した。

イラストにカイコガが描いてあった。白い幼虫がサナギになるときに糸を吐いて繭をつくったのを、大きな鍋でぐらぐら茹でて、糸を取って、ツルツルの良い布を作るんだと説明した。シルクのものは持っていなかった。

鵜飼のページもあった。動物実験のページもあった。ペットの絵、エジプトのネズミ捕り用猫、アンデスのラマ、砂漠のらくだ。

読み終わってしばらくすると、彼女が私の鞄の脇にしゃがみ、中を見て、ひょいと手を入れた。

「人の鞄はだめ!!」友達がピシャリと言った。

「私のかばんはいいよ」と私が言った。

彼女が手を出そうとしなかったので、一緒に中を見た。

遠くから星のような音のするガムランボールがついたキーホルダー、草の香りがするメラルーカオイルの小瓶、財布には色々なものが入っている。懐紙に包んである三葉松の葉(こないだ行った天の橋立のお寺で拾った。財布に入れると良いらしい。)天道虫のような小さな赤いスカラベ。本物そっくりの蜥蜴。

トカゲの尻尾をつまんで、「トカゲ、いる?」と聞いたら「いる!」というのであげた。

「やめてよー、そういうのは」と友達が言った。

一緒にごはんを食べるつもりでいた彼女は、私が仕事に戻ると聞いてがっかりしていた。

スカートが嫌いで、着物が好きだそうだ。

「着物はスカートの仲間じゃないの?」

(上着の仲間だそうです)

久々に小さいのと話して面白かった。

今度来たときは、ご飯にお供いたしませう。

子供は、楽し。

ではでは、また、明日。