• 秋山妙子

「物体」ではなく、「私の身体」として


こんばんは。曇り空だと少し身体が重くなりますね。

本日、お客様の声を頂きました。

非常に嬉しい内容でしたので、お客様の了解を経て記載します。

30代、女性、教職の方からです。ありがとうございます。

秋山さんの施術を受けると、とても体と私自身を大切にしていただいた気分になります。いつもエネルギーをいただいているような。肩と首のこりがひどく、色々なマッサージや針、整体など試してみましたが、「体を個性ある物体」としてではなく、「私の身体」として扱っていただいたのは初めてのことかもしれません。色々その時々の精神的な状況を吐露させていただきながら施術していただいていることも大きいと思います。 たいていの疲労であれば、施術後数週間、その効果が続くこともあります。ありがたいことです。

色々体の不調があり困っていたのですが、あまり近所のマッサージなどでは満たされず、不満を抱いていました。それは「こり」をとる、とか体の「歪み」を整える、といったことで私自身の身体を扱われることに対する違和感のようなものです。自分でもどう言語化したらいいのかよくわからないのですが、そういう扱われ方をされている限り、何だかどうも体を一向に大事にされているようには思えなかったのです。 そんな折りにFB で秋山さんの書かれている文章を拝見し、そのファンになり、マッサージをされていると知り、ぜひうかがってみたいと思いました。 あんな素敵な文章をかかれる方がどんなマッサージをなさるのか。冒険するような気分で伺いました。

身体が不調なとき、どうも私は頭でっかちになっていて、身体に心が意識を向けられないような気がしています。なので、体と心を一体化させたかったり、心身を向上させたいときにうかがいたくなります。

以上

嬉しくて何度も読み返してしまいました。 ありがとうございます!

ではでは、深い、秋の夜を。


8回の閲覧