• 秋山妙子

夜風 波 新月 熊本からの返信


深い流れの中にいるように、一定の質量の風が一定の幅で寄せたり、引いたりしながら部屋に入ってくる。 豊かな夜風が次々押し寄せて、新緑を洗っている。 素敵だ、海の近くに住んでいるみたいだ。ずっと続けばいい。 何年か前、波打ち際に建っている友達の部屋で眠ったら、波の音で頭痛が綺麗に治ってしまったことがあった。 今日はそんな感じの風だ、外で眠りたい。 ベランダに布団を敷いて寝ようかな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ とフェイスブックに書いたら、熊本の先生からコメントが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 実は…震災直後に避難した駐車場で、ピクニックマットを敷いて夜風に吹かれながら星や月を見上げておりました。 車の中は狭くオーラも大変窮屈だったので。 晴れた日の午後には…お日さまと大きな木が作る木陰で寝ころび、涼風に吹かれながら大地と共にシェイクされ(笑) 無心に身体を横たえておりますと…ノラ猫や雀、名前も知らない野鳥達がすぐ傍まで寄ってきたりもして。 自然はとても厳しい面もあるけれど…あの一体感は素敵でした🎵 水とガスがダメで長期間車上でした。 子供の登校にあわせ家に寝ることに… だけど今後も時々寝に行こうと思う。 震災のお陰でイイコト発見✨ だから妙子さん、今宵は是非ベランダ寝転び新月の夜空を眺めてくださいな🌑 明日の1:36までボイドタイムですけどねぇ(*^ー^)ノ♪ ・・・・・・・・・・・・・・ なんて素敵な女性なんでしょう。 ↑めずらしく大きくしてみました。 あなたのような人たちが世界を明るい方向に向ける。 先生、愛してるー! おやすみなさい。


4回の閲覧