• 秋山妙子

何でも話せる税理士さん ご縁と引き寄せ


サロンの名前を「i k i(いき)」に決めてから、ふと気がついたこと。

それは、右隣のドアにかかっている看板が「o k i(おき)」だったこと・・・・

いいのかな・・・まあ、いいや!!

と、o k i 税理士事務所の沖さんに挨拶に行きました。

沖さんは、30代後半の九州女(しかも鹿児島)、英語の専門学校から旅行会社を経て、税理士を取ったという叩き上げの女性。

燃えるようなバイタリティーを持ちながらも、同じ目線で話し合えて、

「結局、沖さんのところって、最低価格いくらで、どういう契約なの?」

なんて質問をしても、本当に気持ちよく答えてくれます。

そんな沖さん、飲み屋さんで隣になった人に話しかけて名刺を渡すと、その方からご紹介がもらえるという、凄腕営業力なのです。

この話、どこかで聞いたことあるな・・・そうだ!前勤めていた医療法人の会長から、ことあるごとに良く聞いていた話だ!!

と、自分の持ちネタを披露したところ、

「秋山さんが働いていた医療法人って、明徳会じゃないですか?」

と沖さん。

「ええっ!知ってるのーーーー?」

「ああ、やっぱり!私、明徳会の顧問税理士の事務所で働いてたんですよー、明徳会の事務局にも何度か電話してますよ!!」

2人で、アゼンとしました。

こうやって、ご縁は続くんですね・・・

いやー驚きました。

税金のこと、聞きたいけど、「そのくらい自分で勉強してから来てください」って言われそうで怖い。。。

という方は、i k i のとなりの o k i 税理士事務所にどうぞ!

明徳会のご縁はまだまだ続きそうです!