• 秋山妙子

緊張と抵抗


たまに、特にこりの強い方に多いのですが、トリートメント中、ずっと細かく細かく、常に全身が動いている方がいます。

眼球はまぶたの下でそれはそれは細かく動き、眼をつむりながらなおマタタキをするようにまつげを動かし、タオルを握ったり、腕の位置を変えたり、足の位置を変えたり。

仰向けの最後までそんな様子だと、流石に何か我慢していることがあるのではないか、と心配になってきます。

そういうときは、心でいくら考えても仕方がないので、思い切って聞いてしまいます。

「何か、気になることがございますか?」

そこで今まで返ってきた答えが全てこのような返答。

「大丈夫です、とても気持ちがいいわ」

これを重ねるうちに、細かく動くタイプの方に、度胸がつきました。

のはずなのですが、先日久々に、あまりに全身を細かく動かす方の施術をしながら、またまた不安になってきてしまいました。

そういう方はだいたい、大抵の方がぐーっと深く落ち着くところや、ここが気持ちいいのよー!!という、リラックスのつぼというか、「ため」のような場所で、最も動き出すのです。

思い切って、お声掛けしたら、やっぱり

「大丈夫です、ひとつひとつツボに入って、とっても気持ちいいわ」

と仰る。

じーっと観察してみると、彼女の中の何かが、体の力を抜くことに対して非常に抵抗している感じがします。

力を抜いちゃいけない!!

それは意識下で行われている、深く、根源的な抵抗で、本人の意識では「充分に力を抜いてリラックスしている」のです。

力を抜いたら、人に体をゆだねたら。

(死んでしまうかも)

そんな細い糸のような神経のような芯が、必死に抵抗しています。

それが良いとか悪いとか、わかりませんが、多分それが無いほうがきっと軽やかで自由なのでしょうけれども、それがその方の芯なのだな、と思いながら、施術しています。

ウトウトと、朦朧とした中で、芯が何度も彼女を呼び起こし、

寝ちゃいけない、力を抜いたらいけない、と彼女の意識を必死に引っ張ります。

いつか首や後頭骨の施術の最中に眠ってくれたら素晴らしいな、と思いながら施術をしています。