修復を助けるもの


お客様のお話は、溜めてあった水を抜いたときのように、自然に一定の方向に向かいます。

そこが本日のセッションの要。

体の状態により細かく分類がかかり、指先から感情の過程が感じられてきます。

最初は元気だったお客様が、

「実は今ね」

とお話されることも、よくあること。

元気がなくなったとき、何をしますか?

寝続けて、寝続けて、起きたら、自分がだらしなく思えて、責めてしまう。

体の修復が必要な疲れの場合は、睡眠が本当に大切です。

寝ましょう。眠りましょう。寝続けましょう。

気持ちが絡まってほどけなくなったとき。

色、音楽、香り、触覚、味覚。

色々なものが気持ちを修復してゆきます。

オーガニック精油やシルク、歴史ある絵画、そんなものでなくてもいいのです。

自分のお布団のにおい、好みの顔立ちの異性、子供のおしゃべり、シモネタ満載のお笑い。

5感が鈍くなってどれも灰色な感じになったとき。

まだ元気が少しでも残っているなら、

眼をつぶって、思い出せますか?

砂浜に立ったとき。山に立ったとき。暗闇で焚き火を見たとき。犬や猫がよりかかってきたとき。

温泉にしゃがんで、お湯の温かさに声がでたとき。生で、素晴らしい音楽に包まれたとき。

イメージできたら、体はその状態になります。

肌が一斉にゆるんで、眼の奥や首もゆるみます。

脳内旅行は、満員電車の中でもできます。

一度経験したことなら、何度でも思い出せます。

私は電車の中で眼をつむって、

小さかった息子や甥たちと一緒にコーヒーカップに乗ったときを思い出したり、

皆で海に腰までつかって、ひたすら次の波を待ったり、しています。

こまめに修復しましょう!!

(i k i にもどうぞお越しください)


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示