• 秋山妙子

楽しいこと好き、刺激好き(PCM講座)

最終更新: 2020年11月1日

分子栄養学の池上彰、まごめ じゅんさんが「絶対おすすめ!」と言うのでコーチングの鈴木 敦子さんと一緒に行ってきました、PCM。プロセスコミュニケーションモデル講座。 (割と巻き込まれるタイプ) そこで出てきたわたしの基本特性は 「楽しいこと好き、刺激好き」 「好き嫌いで反応、行動第一」 「典型的なラテン人」 は。。。。?そうなの。。。? (内省タイプの調和型だと思ってた) 掘り下げるうちに、確かになー、ほんとだわー、実際そうだわー、ってことが意識の中に積もって来ました。 そうか、ずいぶん自由になったと思ってたけど、まだまだ色々無理してたのか。 「本当はこれ似合うんだよ!着ていいよ!」 って新しい服を貰ったような、または 「ユー全部脱いじゃって」 と全裸オッケーの許可を貰ったような、変な気持ちになりました。 場所は東京フォーラム。 昼はゆったり空泳ぐ魚のお腹の中、

夜はぐいぐい進む宇宙船みたいで、


ほんとに素敵な場所でした。 「なんじゃその結果はー!!!」 とまごめさんが飛んで来た。


3人でイスラエル料理を食べて、

(フムス大好きーーー!!)

また笑い皺を増やして帰ってきました。


行動魅力のまごめさん、思考論理の敦子さん、反応ユーモアの妙子さん) ・質問してるだけなのに、責められたと泣かれてしまった。 ・相手の言葉の端々に無能を強調されている気がする。 ・ひとりが好きなのに人の輪に連れて行かれるのが苦痛。 ・答えただけなのに、地雷を踏んでしまった。 ・思いやりが欲しいのに全く通じない。 などなど、 苦手な人の前ではうまく振る舞えない方、こちらの思いがうまく伝わらない方は、受講してみたら良いと思います。 私は、楽しそうなことにはもっとポンポン飛びついて行こう。 話のネタが増えて、さらにキャパが広がってしまった。今後の珍獣(お客様)観察に役立てたいと思います。(完全に趣味)


詳しい話はサロンで。

サロンでお会いしましょうー!

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示