スキンヘッドお披露目前夜祭

こんにちは。

スウェディッシュマッサージikiの「親しみやすいメニュー」のひとつに、「スキンヘッドスパ」があります。


そう!スキンヘッド専用のヘッドマッサージです。ツルツルです!顔とアタマと首を、境界線無く、どこまでもなめらかにトリートメントするという、スキンヘッドの友達と考えた、


スキンヘッドのための!!


メニューなのです!!(無駄に熱い)


昨日の朝、男女共に一般的に用いられるお名前のご新規さんから、スキンヘッドスパを組み合わせたメニューのご予約がありました。


備考欄にひとこと。


「スキンヘッドにしたての状態で伺います」


なにこの覚悟、気になる。


予約時間前にまたメールが来た。


「先程、スキンヘッドになりました。 頭が寒いです」


そりゃ、寒かろう。

どんな人なのだろう。 なぜスキンヘッドにしたのだろう。 どこまで質問したら良いのだろう。


時間になってやってきたその人は、若い男の子だった。


施術が終わり、ツヤッツヤに仕上がって、「お疲れ様でした」と足を拭いていると、


「あー、すっごく良かったです」


と呟いた後、


「これから仲間と、この頭のお披露目会があるんです。ズームで。どうやって登場しようかな」


おお、そうかそうか。仲間が一緒に、喜んでくれるのね。


お顔も頭も素敵よ。 今までと違う服が似合うよね、差し色に赤とか、チェックとかね。


眼鏡を替えて、帽子を買うそうです。


良いね、良いね!一層オシャレになるね! スーツもカッチリしたのに変えたら良いんじゃない?


自分で選んでこのスタイルにしたんだから、堂々と、良い姿勢でね!


などと、盛り上がって送り出しました。


「明日から11月だ」

と呟いて帰った若い男の子。 おかーさんは応援するわー!!

元気でね。


良かった良かった。 こんな日もあります。 出会いって、面白いな。


スキンヘッドにすると、頭の皮膚で、小さな風の渦巻きが感じられるんですって。

芸術家のクマさんの本「人生はデーヤモンド」に書いてあった(おすすめ)


今日の風、感じてるかな。


(スキンヘッドの知人がおりましたら、是非ご紹介ください)

ではでは、サロンでお会いしましょうね!



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示