2019-4-29

小説教室に通っております。

って言うと、

「妙子さん、やっぱり小説家を目指しているのね!」

と言われるのですがそういうことではなく、


(ブログをアップするのと、小説って、もう全然、全然、違うものだから!)

父が
「妙子さんも小説教室に通ってみたら良いと思います」
という手紙と新聞の切抜きを送ってくれたので、申し込んでみました。

私は、わざわざ親しい人が「妙子さんに良いと思う」と名指しでおすすめしてくれるものは、きっと自分には見えない何かがその場にあるのだろうと考え、時間を作って行くようにしています。

そんな訳で通っている小説教室で、今まで作品を...

2019-4-27


水木しげる、樹木希林、内田裕也、ショーケンなどの魂が抜けると、タイムラインが故人の記事で暫く賑やかになる。

私は直接知らない人に関しては媒体でしか見たことがないので、生きていようと死んでいようと自分の感情には全く響かない。

直接お会いしたことの無い方の訃報で一番「がーん!!」ときたのが小林カツ代、つぎに須賀敦子とピナバウシュ。

カツ代さんは私の料理における心の師匠で、不器用な女性に優しかった。訃報を聞いたときは泣けてしまい、彼女の人柄や料理についてのお話がリアルに自分を支えてくれていたのだと思った。

須賀敦子さんはあの文体を紡ぐ手が無くな...

2019-4-27

夜、赤ちゃんが産まれた友達の家に施術 & ご飯作りに行きました。

写真は彼女の家までの道。下町です。

冷蔵庫の中にあるもの適当に使って。あと来るとき買い物お願いしても良い?

私は文具の買い物は得意なのですが、食品の買い物が苦手。

というのはまわりが食いしん坊のせいか、

りんご適当に買ってきて、と言うから選んで行くと

「シナノゴールドが良かった」とか、

柑橘類が好き、というから選んで行くと

「剥くのが簡単なやつなかった?」とか、

こんなに大きいのしかなかったのか、

切り落としで良かったのに、

国産だの産地だの添加物だの。

発注がざっくりな割に満足度が低いから...

2019-4-27

「高校生の頃からビクトル・エリセが一番好き」

という映画好きのお客様がいらしたので、

先日「運び屋」を観た話をしました。

実在した90歳の麻薬運び屋から着想を得た映画。

「観たいけど、イーストウッドが好きだから、躊躇してるのよ。

あまりによぼよぼの彼を見たくないなと思って」

それは大丈夫!!(だと思う)


彼はとっても身勝手で、

もりもりグラマーな女の子と美味しいものが好きで、

差別用語を使ったり、悪い言葉を連呼したりする、

鼻持ちならない魅力的な爺に仕上がっています。

一緒に観た友達が


「ハッピーエンドだったね」


と言った。

私は全然ハッピーに感じなかっ...

2019-4-25

これは3月の記事ですが、

国立能楽堂に狂言を観に行って来ました。

狂言といえば、小学校4年か5年のとき、国語で「附子」(ぶす)をやったのです。

カセットテープで聞かされた「附子」を聞いて、仰天しました。

(野太い声のおじさん達が、何かふざけたことをしているのかと思った)

熱血な先生がこの狂言をいくつかに分け、


班に分かれて教室で演じろというので、


「このあたりのものでござる。こんにったようじあってやまひとつあなたへまいる」


からはじまってほとんど全部覚えている上、

歌の部分
「皆になるまで食うたれども
死なれぬ命目出たさよ
なんぼう頭かたの命や...

2019-4-24

夜の電車に乗っていたら、とても妙な声が乗って来た。

発熱した女の子が、寝起きに、ぼんやりした頭で、ぽつぽつおはなししてるような。

そんな夢見がちな様子。

を、作り込んだ声。

ちょっと裏声の入った、独白のような、かたりかけるようなテンポ。

「それでね、わたしは、そう、言ったの」

声の加工もすごいけど、語尾を伸ばさない点、ゆっくりさ加減、読点での間を置き方もなかなか。

あどけなさを徹底して作り込んでる。

甘くてソフト。マシュマロみたいだ。

誰だこりゃ、と振り返ったら、ガーリーでファンシーな服装をして、クルクルさせた大草原のローラみたいな色の髪、化粧かなり...

2019-4-23

先日、長野から新規のお客様が二人揃って来てくださいました。

一日東京巡りにikiを追加して下さって、嬉しい限り。

はじめまして、です。お二人はお友達同士。その距離、なんとお住まいが徒歩5分。小学生の友達同士みたい。いいな。

同じ世代の歳で、同じくらいの世代のお子さんが3人ずつ。

感性が良く合って、お子さんの反抗期や家族のことなど、なんでも話して、相談し合って来た間柄だそうです。

お二人とも、「グリーフマッサージ(光の雨)」を選ばれました。

一人の施術中、もう一人が椅子に座って、施術を見ながら小さな声でお喋り。施術を受けるほうは話し声を遠くに聞き...

2019-4-22

先日、お会いした方。30代前半の女性。

綺麗に力の抜けた声で、ゆっくり話す。

質問されたことには答えるけど、自分からは何にもアピールしてこない。

でも柔らかく人懐こくて、お隣の見知らぬ人に、話し掛けたりも、する。

非常に自然で、豊かな様子で、体のどこも疲れていないというし、中肉中背、お肌も自然に綺麗。

なんというか、良家の、高校生のお嬢様みたいな、嫌な目にあったことのない、という感じの佇まいだな。。。。

と思ってお話していた。

が!!!

聞くとお子さんが4人いて、旦那様の両親と同居、さらに私が今まで聞いてきた中でもかなりストレス強度の強い職種でフル...

2019-4-22

本日は講師の日。(教えるの大好き)

ホテルの個室に出張してアロマトリートメントをしているセラピストさんから

「ホテルのベッドで、男性のお客様にも満足する圧を入れながら施術できるようになりたい」

のご要望を承り、行って来ましたシティホテル。

ースクールでアロママッサージができるようになったのに、働き出したら何かが違う。やりにくい。腰が痛いー

これは生徒さんからよく聞く苦情です。

スクールでの施術練習は、かなり恵まれた環境です。


高さを調整できるベッドに、広い部屋。

これが実際に働くとなると、立ち居地さえ確保できない狭い個室だったり、カーテン仕切りで...

2019-4-21

日曜日、埼玉のご家庭に出張施術に行ってきました。

ママの施術をしてから、パパの施術。それぞれ1時間半。


家で施術を受けられるなんて、良い日曜です。

パパの施術の間に、習い事に行っていた6歳の息子ちゃんが帰ってきました。

施術が終わって部屋を出たら、


食卓に金魚の水槽がどんと置いてあった。

ご自慢の金魚、見せてくれる気満々です。

4匹の金魚のうち、


全身まっかな金魚の名前を教えてくれたのですが、


赤いから、


「ちょっと赤ちゃん」


だそうです。


「だいぶ赤いけどね」


って突っ込んだけど無視されました。笑

金魚の説明を終え、加速に入った息子ちゃん、そ...

Please reload

​ブログ

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Archive
Please reload