2019-10-30

こんにちは。

先日ピーラーバラカンさんのイベントで、素晴らしいセラピストチームとお客様を揉んで来ました。

そこで、参加していた鍼灸師さんと、音楽を身体のどこで感じるのか、という話をしました。

倍音を響かせるような打楽器を演奏・指導している友達がいるのですが、

彼女は音の響き方を、右目の奥の筋肉の「感じ」で精度を計っているそうです。

私は音の広がりの精度や、均質な感じを確かめるときには、鼻腔の奥に地平が開ける感じがします。

それに気づいてから、ライブや演奏会に行くときは、


「この音は身体のどこで聞くのが一番響くか」


と考えて、胸腺、手のひら、眉間...

2019-8-14

音語り演奏会のリハーサルを見学していたら、お若いチェロの女の子が苦戦していた。

弓を弦に叩きつけるようにする、インパクトのある音が出せない。

これはヴィオラの子も苦労していた音。

体の使い方もある。

でもその根源は、「そんな弾き方をしちゃ、絶対だめ!!」っていう強固な鎧で、それが体の動きをきつく抑制して離さない。

鎧は厳しい教育と訓練から発達して、彼女達のテクニックをある程度のところまで守っているけど、それを壊さないと先に進めない。

駄目だ駄目だと言われて、身体に深くしみついていることを、今、取れと言われても。

私のような無責任な見学者がメモを取...

2019-8-13

おととい、昨日と、楽器に向かう人達の様子を見て。

演奏一本で生きていこうとする人、というか、「観客に向かって今、喜びの場を作る」人たちは、再現や修正を許されず、しかもズブの素人にも演者の揺らぎが一目瞭然という、とても厳しい職人たちで、

楽器演奏、アスリート、声楽。あとはなんだろう、将棋、俳優、他に何かあるかな。

若い頃から、「現状のままではこれ以上伸びない」という壁というか殻に、何度もつき当たる。

鎧という表現を使う人もいる。

そこに突き当たって、暴れたり、嘆いたり、分析したり、真似したり、徹底的に訓練を繰り返したり、内省したり、身体や思考の...

2019-8-12

毎年夏は、本郷幸子さんが主催する「音語り」に足を運んでおります。

「ケルン放送響主席:村上淳一郎さんをお迎えして」の、公開個人レッスンと公開リハーサルに行ったのが昨日。

結局8時間以上、皆さんにくっついて見学しておりました。

「どこが違うんだろう?ここにいる皆も気づいたことがあったら遠慮なく言って」

という村上さんの言葉に、

《うながされれば玄人集団の中でも平気で質問や意見を言うことができる》

という部分的に太い神経を持つ私のアンテナが、羞恥心など瞬時に吹っ切り、

「あのー、完全な素人ですけどいいですか」


と手を上げて自分の感じた身体の使い方につ...

2019-7-18

お客様から大量に古切手を買いました。

古い切手はデザインが緻密で封筒に貼ると映えるんです。手紙好きな皆様、文通しましょう。笑

夜、PVを見て惚れこんだ「んoon 」(フーン)を見に行きました。

んoon以外は何も知らないで行ったら、ライブという形式の漫画イベントでした。(むつき潤が描いたバジーノイズ)入り口でバジーノイズの2巻が配布されました。

んoonの醸し出す世界はシャンティで、ひたすら良かった。ボーカルの声、精密なハープ、小鳥のようなコーラス、壇上から雲のように膨らんで流れてくる甘い幸福の霧に包まれて体が広がった。

ライブは記録された音...

2018-8-18

涼しい本日。

今年もサマーソニックにおります。

お店の名前はアロマソニック。

カジノの目の前で揉んでおります。

おいでませーー!


 


 

2018-8-06

昨日、本郷幸子さんが主催する「音語り」に行ってきました。

先日投稿した、公開練習の本番です。

5人での弦楽器演奏は村上さんが何度も学生3人に合図を送っていて、

それの合図の殆どは「いいよ、そのまま、もっと強く」「もっと出て、もっと前へ」という親鳥のような語りかけで、学生は信頼に包まれて安心しきって自分の枠を開き、無心に輝き、演奏の場は光の巣になっていた。

私に本を送って下さった、大好きな学者さんが1人でいらしていた。私の席から彼女の横顔がよく見えた。

彼女は一番前に座り、村上さんのヴィオラが始まると少しうつむき、愛しい人の静かな打ち明け話を聞...

2018-8-05

昨日、ケルン放送交響楽団の首席として活躍されているヴィオラ奏者の村上 淳一郎さんの公開レッスン&リハーサルに行ってきました。

村上さんや本郷さんは演奏するときに二つの面白い何かを開いていくのですが、

それはこの曲の響きを味わい、喜びを発信するという場の中心になるという花弁みたいなものと、

この曲の周波数によって周りから発動される波を受けながら場を高めていくことで、

この発信の花と受信の震えが受粉して、会場全体をひとつの幸福な泉にしていく感じ。

公開レッスンでは、真面目なお嬢さんが、クラシックの規律を守りなさい間違えなくなるまで練習しなさいとき...

2018-6-27

実はダンスの動画を見るのが大好きで、色んな国のダンスの動画を貯めてます。

時々黒人の赤ちゃんのリズム感に圧倒される動画がまわってくるけど、これは凄い。

地面を踏みつけるって、原始的な踊りの基本だと思います。

大学生の時、スペインのアンダルシア地方・マラガの「ロンダ」という小さな町にコトコトと汽車で行ったとき、

その白い壁の小さな町は小さなお祭りだったらしくて、明るいままの乾いた夜、拡声器でフラメンコが流れ出した。

そしたらこのくらいの歳の女の子が一斉に踊り出して、(この動画よりも笑顔で、ライトに)

フラメンコってのはスペイン人にとっては炭坑節み...

2018-5-11

本日の営業無事終わり、洗濯中。

「気づいたんだけど、実は私の毎日って、充実してるんだ、って思ったわ」

これは今日お客様が言った言葉。


良かったなー。

お客様からは私が教わることばかりで、

でもここで感謝の意を表明すると白々しくなるので、あえて言いませんけど、

今日も(すごく)良い一日でした。

母の日前の夜、本日のサロンの片付け曲はこれ。

たまには良いな。

夜。夜。

窓を開けて、良い夜を。

Please reload

​ブログ

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Archive