2019-10-30

理系の頭の良い人の話を読んだり聞いたりするのが好きで、なぜ好きかと言えば私にその要素が皆無なあまり、視力5.0の視界の話を聞くような、未知の感覚に心が躍るからなのです。

数学者の岡潔の本に、数学の定理を解くとき(で合ってるのかな)、

一日10時間や12時間や、お風呂も食事も忘れて考えている日を詰んでいくと、

山の上や湯船の中で気持ちがゆるんだときに、今までウンウンと湯気が出るほど考えていたことたちが頭のなかで一定の方向に動き出すのを感じるそうだ。

大きな問題が解けるときはそういう感覚が来るそうだ。

面白いと思って、理系の学者さんの女友達にその...

2019-10-30

こんにちは。

先日ピーラーバラカンさんのイベントで、素晴らしいセラピストチームとお客様を揉んで来ました。

そこで、参加していた鍼灸師さんと、音楽を身体のどこで感じるのか、という話をしました。

倍音を響かせるような打楽器を演奏・指導している友達がいるのですが、

彼女は音の響き方を、右目の奥の筋肉の「感じ」で精度を計っているそうです。

私は音の広がりの精度や、均質な感じを確かめるときには、鼻腔の奥に地平が開ける感じがします。

それに気づいてから、ライブや演奏会に行くときは、


「この音は身体のどこで聞くのが一番響くか」


と考えて、胸腺、手のひら、眉間...

2019-10-23

ピーターバラカンのイベント帰り、大荷物持って電車に乗り込み、

あ!あの場所なら空いてる!と、中のつり革まで蟹歩きして、

立ち位置決めて、

足の間に荷物置いて、

ほっと一息。

そしたら、左右の男性から醸し(かもし)出されるれるオーラが、なんだかおかしい。
 
なんだろ?さっきまでここに立ってた人が、厄介な人だったのかな。

しばらく黙って乗ってたら、右の男子が私を超えて、左の男性に


「小淵沢?」


と言った。

驚いて、


「ごめんなさい、わたし間に入っちゃったんですね、どおりでムードが変だと思った!!」

と右男子に謝ったら、

「大丈夫です。気に、しないでくだ...

2019-10-12

外を歩いてみました。

雨風になぶられた金木犀の香りが苦しいくらい甘く香って、樹々の血のような葉の香りと共に、建物ごと熊野かどこかの山に持っていかれたようで、異次元のような空気感。

台風後の夜って、必ず誰かがうろついてるものですが、今日は一日がかりだったから、皆疲れたんだろうな、誰一人見かけず、本当に静か。

あちこちのマンホールから、普段耳にしない濁音が聞こえて、それも山の中に開発された集落みたいでした。

おやすみなさい。

2019-9-28

肺と胃の健康診断が終わって、待合室です。

胃カメラ、苦しかった。


私からこんなに大量の唾液が湧くとは!
(唾液の泉)

じっとしていたい意思を全無視して、身体が反射で侵入を拒むナマナマしいオエオエ音を発しながら耐えてる間、

看護師さんがずっと背中をさすってくれたことが、カンダダの糸みたいな希望と安らぎになった。

手からは

「苦しいねー、頑張ってー、大丈夫よー、もうすぐよー」

が聞こえて、

やっぱり人の手の力って凄い。

自然分娩したとき、助産婦さんが仙骨をさすってくれたのを思い出しました。

起き上がりながら看護師さんに、感謝の言葉を沢山伝えました。

あれが...

2019-9-21

先日いらしたお客様。

SNSを見ると常に自分の足りない点を内省し、日本最難関の大学を出て国家資格を取得し、その上で常に「ちゃんと」あろうとする超真面目な方で。

なのにお体は、部活帰りの中学生のようにしなやかで、棒アイスを食べ終わったあと、そのまま四万十川に飛び込みそう。

 (画像はネットからお借り)

そのギャップにクラクラしました。

聞くとご両親が大変な労力をもってして、その方を

「こつこつ積み上げる」
「目標を必ず達成する」
「合理的で無駄の無い行動」
「やると決めたことはやる」
「規律正しい生活」

など、など、道徳の教科書に出てくる、清く正し...

2019-9-01

父の田舎の家で、母親と二人で家事をしていたら、人に指導をする話になった。

「いっくら自分が上手くても、人に教えるのが下手な人っているわよね?」

「いるいる、人に教えてるより自分でやった方が早いって、なんでも自分でやっちゃう人」

「そこいくと、私は教える方なの。お節介お婆さんじゃないけど。ほら、あれに似てるって言われたわ、ジブリの映画に出てくるお婆さん」

誰のこと?と聞いたけど、母は覚えていなかった。人の世話をするお婆さんらしい。

そこで思い出した。私もお若い人から何度か、


「秋山さんて、ジブリの映画に出てきそう」


って言われてた。

どれ?と聞い...

2019-8-12

毎年夏は、本郷幸子さんが主催する「音語り」に足を運んでおります。

「ケルン放送響主席:村上淳一郎さんをお迎えして」の、公開個人レッスンと公開リハーサルに行ったのが昨日。

結局8時間以上、皆さんにくっついて見学しておりました。

「どこが違うんだろう?ここにいる皆も気づいたことがあったら遠慮なく言って」

という村上さんの言葉に、

《うながされれば玄人集団の中でも平気で質問や意見を言うことができる》

という部分的に太い神経を持つ私のアンテナが、羞恥心など瞬時に吹っ切り、

「あのー、完全な素人ですけどいいですか」


と手を上げて自分の感じた身体の使い方につ...

2019-7-19

スゥェディッシュマッサージikiの伝票に、けっこうな確率で絵が入るようになりました。
(余白は放っておけない性質)

「絵、うまいんですね!!」


と言われますが、こう見えて美大卒。

右上の得体の知れないモノたちは、歯。

歯科衛生士さんにお渡しした伝票です。

美大卒の皆様、細かいことは温かく見守ってください。笑

この業界、美術方面から渡って来る人もたまにいます。

音大から渡って来た方も2人知ってます。

芸術方面からの感性は、人と接する時、身体に触る時、とても役に立っているような気がします。彼女達の感じ方や目線、情報処理の仕方は面白いんです。

「まあああ...

2019-6-22

ここ半年くらい、

施術が終わって身体が開いたお客様が最初に足を乗せる場所が強烈に美しかったらどんなに良かろう、

という発想が立ち上がってしまい、

水面下でずっとペルシャ絨毯を探しておりました。

ネットで見つけた、くらくらするような素敵な色合いの、予算度外視の一品が振り払っても振り払っても頭から離れず、お店を見たら群馬県、見に行こうと問い合わせたら、東京にしょっちゅう来てるので持参いたします、とのこと。

そこでやってきたのが堀川さん。

猛烈なアンティーク好きで、目がキラッキラ。

知識も深く、工房、年代、品質、購入由来などの物語が大好き。

堀川さんはア...

Please reload

​ブログ

October 30, 2019

October 21, 2019

October 12, 2019

October 12, 2019

Please reload

Archive