一人で、幸福に生きる

一昨年の6月(2017年ですな)、訳あって1泊2日で長崎の平戸へ弾丸で行ったんです。 その訳は 「あのさー、うちの母親、東京に一人で住み続けるのもなんだから、どっか移住させたいと思っててさ、 なんか平戸良さそう! って思って、平戸の役所とやり取りして、良さげな物件いくつか押さえてあるんだけど、あたしなかなか行けなくてさー、妙ちゃん見に行って来てくれない?」 と、パリ( パリ!! )に住んでる友達から連絡があったのだった。 しかも彼女は、 平戸に行った事が無い のだった。私も行ったことありません。笑 いやいやいやいや、物件見るとか、そんな責任持てないよ と言ったら、 「あー、良い良い、適当に町の感じと、人の感じと、あと家の感じ、改装するとするとどのくらいかかるとか、そんなことくらいでいいから。トイレは水洗が良いんだよね、あとうちの母親、車運転できないからさ」 てな訳で、役所の人と、 7件だったか8件だったか、色んな家をひと通り、見てきたわけです。 個人的感想で言えば、かなり良い感じだった。 町の人も穏やかで、移住してくる人も自然に定住している模様。 役所の人も、空気のように優しい。 (留守電に入れた私の声を聞いて、「20代の人が来る」と思ってたらしいので、実物見て驚いたそうです) 暮れなずむ夕方、町中の素敵な坂をさんざん歩き回り、 小さなビジネスホテルに戻った夜、役所の女の子から電話があった。 「蛍が綺麗な場所があるから、行きませんか」 彼女は仕事が終わってからマイカーで、わざわざ迎えに来てくれて、 私たちは真っ暗な川端から車を降りて、真っ暗な川の欄干で、水草の中とその周りにヒカ

「僕にとっては宝物」ーエステートセール堀川一真さんのお話ー

ここ半年くらい、 施術が終わって身体が開いたお客様が最初に足を乗せる場所が強烈に美しかったらどんなに良かろう、 という発想が立ち上がってしまい、 水面下でずっとペルシャ絨毯を探しておりました。 ネットで見つけた、くらくらするような素敵な色合いの、予算度外視の一品が振り払っても振り払っても頭から離れず、お店を見たら群馬県、見に行こうと問い合わせたら、東京にしょっちゅう来てるので持参いたします、とのこと。 そこでやってきたのが堀川さん。 猛烈なアンティーク好きで、目がキラッキラ。 知識も深く、工房、年代、品質、購入由来などの物語が大好き。 堀川さんはアメリカの大学を出て、エステートセールというアメリカではポピュラーな生前・遺品整理の仕事を日本流にアレンジして立ち上げ、日本全国をまわっています。 物を物として扱うのでは無く、気持ちや歴史の入った物に対してその物語りや思い出と共に引き取る、そんな印象を受けました。 人の家の不要なアンティークを見に行き、家具、大きな壷、日本人形、漆食器、着物、得体の知れない記念品など、など、倉にあるもの、玄関にあるものをお客様と協議の上、ごそっと持って帰ります。 埃だらけ、泥だらけ、箱をあけると虫が出てくるようなものでも、堀川さんにとっては全て宝物にしか見えないそうです。 家でウキウキと泥や埃を払ってピカピカに磨き、丁寧に写真撮影をしてから、写真リスト一式を持ってまたお客様の元へ。 そこで堀川さんの知識とともにお客様と販売価格の打ち合わせをして、双方納得済みの上で日本、海外のネットに出品、決めた値段のまま値切らず売って、売り上げの半分をお客様へ。 「こん

お客様撮影(恋バナ傾聴中)

こんにちは! 施術後、お客様とのアフターカウンセリングの時の写真をお客様に撮ってもらいました。 40代後半の女性のお客様です。ちょっと加工してくれたそうです。 (実物はこんなに色白ではない) これは恋バナを聞いて(色々と突っ込んで)いる時。 身体がゆるんで本音が出てきた瞬間は、お客様の声が変わります。 その方の本音は野生の小さな動物のように警戒心強く隠れていましたけど、 それについてただただ、何もせずそのまま忍耐強く眺めていれば、 そのうちもっと可視化できるようになって、近くに来てくれるのではないか、 今回はそう感じながら、施術をしました。 結論は何でも急ぎたいけど、その方の速度で。 施術者は、顔をどんどん公開するほうが良いんですって。 あんまりそういうの好きじゃないけど、新しい出会いがあるなら、たまにやろうと思います!!笑 ではでは、サロンでお会いしましょうー!

呼び水 -水音と尿意ー

父が5月2日に交通事故に遭ったのですが、79歳にして、めきめきの回復。 夏のように白雲が光る本日、電車に乗って関東横断、父の住む田舎の広い家に泊まっております。 事故に遭ってから一気に緑内障が悪化し、本を読むのも難儀になってきたそうですが、相変わらず機械的な前向きさ。 出来ないことや失ったものに焦点を当てず、出来ることを淡々と着々と進めております。 入院中は動けず、おしっこはおむつの中にしていたため、退院してから尿意と排尿のコントロールが難しくなっているそう。 あ、おしっこしたいかも と思うと既に緊急事態で、尿を止めとく筋肉もまだ思うようにコントロールできない。 そこで前向きな父が取った作戦が 「尿意が無くとも時間を決めてトイレに行っちゃう作戦」 わーー!乳牛の搾乳みたいだね。 と言ったら、 そう!とうなづく父。 で、ここからが興味深いんですけど、 「何か水に関することをすると、反射的に尿意が来る」 そうです。 お皿を洗ったり、洗濯したり、歯を磨いたり。 で、何故か身体が反応するそう。 「水を飲んだら反応」ならわかるけど、「水っぽい行動で反応」って、なに、その外からの呼び水は。 その時点で(アマゾンで蟻を潰す話が好きな)妙子さんとしては、目が爛々。 面白いな、それ。 どうしてだろう?? いや、わからない。 そんな父の取った次の作戦は、 「蛇口付近に行く前にトイレに行ってしまう作戦」 この面白さ、通じるでしょうか。 以前見かけた「水辺に産卵する亀が、ユニットバスの入り口で産卵してた。水辺って割と適当な感じらしい」って投稿を思い出しました。 亀の話を父にして一緒に笑ってから、 この

「これ、なあに?」

千葉の田舎にある父の家に行っておりました。 昨日は、水周りと尿意について皆様から沢山のコメントを頂きまして、嬉しい。笑 「水を触って尿意なんてそんなユニットバスで産卵しちゃう亀みたいな反射はお父さんだけだよ」 と思ってたら、まさかのコメント数に驚き、報告したら父も少なからず嬉しかったようで 「妙子が書いたのは、トランプ大統領がやってるやつかね」 と聞いてきました。(それはツイッター) で、畑で取れたものをなんとかしようと、保存食の実験のようなことをしている父の台所の床には、お世辞にも清潔とは言えないような空き瓶が沢山並び、そこに 「これ、なんだろ・・・」 ってものが入ってたりします。 綺麗好きで賞味期限を守る妹がこれを見つけると 瓶を持ち上げた時点でもう、怪訝な顔。 「お父さん・・・これ、なあに?」 父はちょっと身構えて瓶の中身の説明をするのですが、妹はとにかく捨てたい。 「捨てようよ」 「いや、捨てない」 父と妹の面白いやり取りはさて置き、私は父の行動の発端みたいなものに興味が湧いてしまう性質です。 今日も瓶に、乾いた何かが沢山入っているのを持ち上げて、 「お父さん、これ、なあに?」 「かぼちゃの種。かぼちゃを食べたあと、干して取ってあるんだ」 「まくための種?」 「いや、炒ったら、食べられるんじゃないかと思って」 んー・・・・。よく富沢商店でかぼちゃの種を買うけど、こんな種じゃないけどなー。 「じゃ、私炒ってみましょう」 「うん、そうしよう」 いかにも中身のなさそうな、ひらたーい種を、気長に炒ってみました。 「できた!」 外皮を割ったら、中身の厚さ、0.5ミリ。

「好きそうな話」

お客様が施術中に言うことには。 「あ、僕秋山さんが好きそうな話があるんです」 それ嬉しいな!なんでしょう? 「僕アマゾンの密林に行ったとき、人間の匂いを消さないと動物が逃げるからって、現地のガイドがいきなりそこらの蟻の群をわし掴みにして、僕の腕になすりつけてきたんですよ」 (混乱中) 蟻って、酸っぱい匂いするでしょ?(持ち直した) 「っていうか、僕の腕で蟻めっちゃ潰されてるし、酸っぱいし、もう臭くて、消すとかいうレベルの話じゃなかったです。なんかすごくないですかこの話。秋山さん好きですよね」 この短い間に、色々とショックを受けた気がしますが、大変面白かったです。 後から後からじわじわ来ました。 写真の3冊は好きな本。 ええ、ですからね、そういう話が大好きですとも。 光栄です。笑 今夜は密林の夢を。 ★ さてさて。 イタリア、フィリピン、中国、台湾、マレーシア、オーストラリア、バングラデッシュ、ロシア、フィンランド、アメリカ、ベラルーシ、ギリシャ、イスラエル、韓国、ボリビア。 色々な国籍の方のお体を触ってきました。 皆様の周りでオイルマッサージを求める外国の方がいらっしゃいましたら、是非ご紹介ください。 ではでは、サロンでお会いしましょう! また、明日。

パーティ参加

以前勤務しておりました医療法人明徳会の70周年記念パーティに行って来ました。 実は私はこうしたパーティが極度に苦手なのですが、 会長、理事長、スピリチュアル秘書ねーさん、ドクター、コデンタル、事務局の皆様、などなど、 全スタッフから本当に色々と、大切なことを教えて頂いた場所です。 70周年とあれば、行きませう!! 帝国ホテルの光の間。腹をくくってマツエクをし、髪と化粧はプロ集団に丸投げ、 今は亡き方に頂いた真珠色と金の総ビーズバックを持って、10センチヒールを履いて、 そりゃもう、盛れるとこは脂肪以外、全部盛って、行きました。 会長、理事長、その他お世話になった方一人一人に挨拶出来て良かった。 70周年って凄い!本当におめでとうございます。 ここで学んだホスピタリティや統合医療が、現在の私の仕事にどれだけ役に立っているかわかりません。 行けて良かった! ありがとうございました。 帰宅したら、スピリチュアル秘書ねーさんがこの写真を送ってくれました。カフェで理事長に手紙を書いてるところ。 私も姐さんの後ろ姿を撮っておいたのを送りました。着物の色が天界的だったからです。 良い一日でした。 スタッフの皆様、準備お疲れ様でした。絡んでくださった皆様、ありがとうございました。 80周年、90周年と、益々のご発展を。 ではでは、また、明日!

電気メス / 弔辞 / 6タッチ

5月は豊穣な時間の中におりまして、生きても生きてもまだ5月というめずらしい1ヶ月でした。 仕事のある日は仕事に行き、歯も1本治しました。 これは一番奥の歯が、私の頬にムチ・ムチと密着されながら、静かに虫歯を歯根に進めていたのを発見され、 これはもう、歯肉を切開して処置!!という宣言を受けてしまった。 指にずっと血圧計をつけながら処置が終わり、血の海を想像しながらそーっとうがいをしたら、口から透明な水がでてきた。 「透明!!」 って言ったら、 「電気メスだから血は出ないよ」 と先生。(←友達) 「口の中に焦げた匂い、したでしょ?」 「した!!」 「あれが肉の匂い」 「・・・・・(立ちのぼる数々の質問)」 ☆ 「肉が焦げる匂いって、一人一人だいぶ違うの?」 「えーほとんど同じだよ、コラーゲンの焦げた匂い。髪の毛の焦げた匂いと似てたでしょ」 たしかに・・・・ ☆ ところで。 3年前の彼女の結婚式に、私、祝辞を読んでるんです。 5月アタマから考えていたことを診察台に寝たまま、ちょっとお願いしてみた。 「ところで先生、私が死んだら弔辞読んでくれる?」 「(爆笑)ここでそれ聞くーー?っていうかアッキーが死んだら誰が私に連絡くれるのよ?」(←いつでもシビア) たしかに・・・・ 息子は関西だしなー 「わかった。なんとか連絡いくように段取りしておくから、よろしくね」 と言って家に帰りました。 で、息子にその旨用の書類を作って、投函したところ。 ☆ もうひとつ。 5月になって、なんとなく思い出した人に、 「ご無沙汰してます、なんとなく思い出したから連絡してみました。お元気ですか」 と連