「光の雨」について

この変わったタイトルの施術は、80代の男性を担当して生まれたものです。

 

(あの)ジョン・ガリアーノが僕のお店に来ては、まとめ買いをしていくんだよ、という日本の工芸品を取り扱っているお店の経営者さんでした。

 

いついらしても、それはそれは素敵な帽子をお召しでしたが、

 

なんと「帽子職人から帽子が届いたら、その帽子に合わせてスーツをオーダーする」

という森茉莉も黙る極上の出で立ち。

 

「僕は足が悪いから、3時間、ごくごく軽いのをね、お願いします」

 

「軽くして」と言う方に限って、丁寧に圧を入れると「もっと強くていいわ」と言う前例多し。

「お任せください」と担当しました。

 

ところがこのお爺様、ちょっとでも圧を入れると

「おいおい、おいおい、君はまるで漬物石みたいに僕をギュウギュウ、やりこめるねえ」

と言う。(本当にこういう口調でした)

 

「もっと弱く、もっと弱く」

 

と言われ続けて3時間。

 

さらにけっこうな頻度でいらしてくださった成果で、圧はさらに、さらに軽くなり。

 

集中して手のひらと指先の感覚に頼りながら体のカーブの全てをなめらかに、丁寧に拾っていくうちに、

 

「帰りの電車では体が熱くて熱くて、真冬でもコートは要らないんだよ、不思議だねえ。まあ、合格ライン、でしょう」

 

と言われるようになりました。

 

その施術をしているときは光の雨の中にいるイメージでしたので、普通に心の中でこの3時間を「光の雨」と呼ぶようになりました。

 

という、いきさつで誕生したメニューです。

 

 

手のひらの密着と柔らかい指先が必須の超弱圧は、特に細かい関節部分でその醍醐味を発揮します。

 

弱圧しか受け付けない、というお客様に、

 

「今まで受けてきた弱圧のオイルマッサージの中で一番良かった。

物足りなさが全く無かったです。満足しました」

 

子供のような笑顔で、そう言われました。

 

同業者からそう言われると、ちょっと(かなり)嬉しいですね。

 

 

オイルマッサージは好きだけど、重いのが嫌。

 

軽いオイルマッサージは、撫でてるだけで物足りない。

そうつぶやく方が身近にいらしたら、是非ご紹介ください。

心が疲れて、気が高ぶっている方にもおすすめです。

(イメージ写真:草間彌生)

​秋山妙子